シースリー

脱毛タオルを使った背中の産毛処理の注意点

MENU

脱毛タオルを使った背中の産毛処理の注意点

 

背中の産毛を自分で処理しようと思っても、電気シェーバーでは手の届くところに限界がありますよね。

 

なので、「脱毛タオルを使っている」という方もいらっしゃるかと思います。

 

脱毛タオルは、入浴時にボディーソープをつけて体を洗うと、ムダ毛を取ることができるというものです。

 

 

ただ、脱毛タオルで背中の産毛処理をするときには、注意することがいくつかあります。

 

気をつけずに使っていると、お肌に負担がかかり危険なんです。

 

こちらでは、脱毛タオルを使うときの注意点についてお話したいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

脱毛タオルの注意点は、ゴシゴシこすらないということです。

 

産毛をきれいになくしたいからといって力を入れてこすってしまうと、お肌が傷ついてお肌にトラブルを起こしてしまいます。

 

強くこすったところで産毛はきれいにとれませんし、逆に肌荒れ・乾燥・色素沈着などの原因となります。

 

脱毛タオルを使って一度にたくさんの毛がとれるわけではないので、気長に使いましょう。

 

また、使用後は保湿をしっかりして、お肌にトラブルが起こらないようにしましょう。

 

 

脱毛タオルだけでは脱毛効果はほとんどないので、「これで脱毛できる!」と考えて購入することはやめたほうがいいですね。

 

「手の届きにくいところの産毛の処理が、少しでもできるように」と作られているものです。

 

したがって、「多少きれいになったかな?」くらいの効果だと思っていてください。

 

 

どうしてもきれいにしたいという方は、やはり脱毛サロンやクリニックで背中の産毛の脱毛をしましょう。

 

お金や時間はかかりますが、産毛が生えてくることがなくなるので、お手入れも楽になりますしきれいに仕上げることが可能です。

 

自分できれいにしたいという方は、背中用の電気シェーバーがありますので、そちらを購入して使ってみるのもいいかもしれませんね。

 

このページの先頭へ