シースリー

レーザー脱毛の特徴とは?

MENU

レーザー脱毛の特徴とは?

 

脱毛サロンで受けられる脱毛というのは、「光脱毛」や「ハイパースキン脱毛」が多いですね。

 

一方、医療機関であるクリニックで受けられる脱毛は、「レーザー脱毛」です。

 

 

レーザー脱毛というのは、ムダ毛のメラニン色素に脱毛用のレーザーを当てて、ムダ毛を生えてこないようにする脱毛方法になります。

 

このレーザーはメラニン色素を含む黒いところにしか反応しないため、周りのお肌を傷つけてしまう心配はありません。

 

 

脱毛サロンで行われている光脱毛も同じ仕組みで脱毛していますが、照射パワーが違うため脱毛効果に違いがあります。

 

医療機関でのレーザー脱毛は照射パワーが強いため、光脱毛よりも、

 

  • 脱毛効果が高い
  •  

  • 施術回数も少なくていい

 

というところがメリットになります。

 

 

しかし、パワーが強いがために、デメリットも存在します。

 

それは、施術後にお肌にトラブルが起こるリスクが高いということです。

 

 

起こりやすいお肌のトラブルは、

 

  • 赤み
  •  

  • 痛み
  •  

  • 毛嚢炎
  •  

  • やけど
  •  

  • 色素沈着
  •  

  • 皮膚の炎症

 

などといったものがあります。

 

ただし、万が一お肌にトラブルが出てしまったとしても、医療機関ですからきちんと薬の処方をしてもらえます。

 

 

また、脱毛サロンでの脱毛と大きく違うのは、脱毛にかかる費用です。

 

脱毛サロンは施術に何度も通わなくてはいけないというデメリットがありますが、回数無制限のコースであってもだいたい30万円くらいで契約することができます。

 

しかし、クリニックでのレーザー脱毛の場合は、5〜6回の施術で脱毛が完了するといわれていますが、6回の費用が約45万円です。

 

1回の施術でだいたい6万円前後かかってくるので、かなり高額だということがわかりますね。

 

それでも、多少高くても早く脱毛したいという方は、レーザー脱毛を選ぶといいと思います。

 

 

光脱毛であってもレーザー脱毛であっても、良いところがそれぞれ異なります。

 

ですので、契約する前には、よく考えて選択するようにするといいでしょう。

 

このページの先頭へ